SW-1 エンジン 


エンジン周り
エンジン周りはカウルを固定するステーが付いている他はゴチャゴチャ
している訳でない。 比較的降ろし易い状態ですが、
マフラーを外すため、ダミータンクやサイドカバーなど外さなけばならない。
エンジンO/H時は保管場所を考えて行う必要がある。
K&Nのパワーフィルターを付けようと考えたがフレーム構造により、あまり大きな物が選べないようだ。 

クランクケース構造がSJ41AとSW-1は異なるようだ。
O/H時に詳しく紹介しよう。
クラッチカバーが今回O/Hする時の改良の鍵となる。
キックが付くか付かないか、油面計が付くか付かないか
カバーを裏返せば判る。
機械式タコメーターと機械式油温計を埋め込もうと思う右の
レグシールドの内側です。

金具を繋げば何とか出来そうです。
クランクケースからと思われる漏油が発覚?

リンクをO/Hするとリアサスからの漏油と判明。 リアサス交換に
外装を外してチェック
エンジンの上部からの漏油はなさそう
マフラーの錆が出てきた。Voltyなどのステンレスエキパイを探したい
Volty用のY字ステンエキパイをオークションで落札してみた
今のままではフレームに当たってしまう。
SW-1のフレームは単純なグレードルである。 エンジンを包むようにフレームがある訳だがこのフレームの前と後ろは必ずしも必要か? 同じエンジンであるST250、Bolty、グラストラッカー、BIGBOY、NZ250ではフロント周辺の固定が無い。 では、後方と
上部の固定だけでエンジンは支えられるのでは? そういった疑問だ。
例えばマフラーの分部おフレームを切り離し継手をジュラルミンで作り、ステンレスシャフトで繋ぐだけで良いのでは? 色々なことが考えられる。 検討したい。

レストアの考え方
・初期DR250SエンジンのシリンダーヘッドとキックKITを組み込み、
機械式タコメーターを設置する。 油温計も機械式とする。
Gooseのエンジンページに詳細を載せています。
ビッグボーイ用エンジン(TU250GBK)
・キックあり
・デコンプあり
・機械式タコメータ用穴なし
・セルモーターあり
オイルクーラー用穴なし
なかなか中古では見つからないSW-1のエンジンがヤフオクで流れたが・・・・
競る相手もおらずゲット! SW-1でエンジンカスタムって・・・いないんだろうね。
グラストラッカー ボルティー 300cc ボアアップキット
新品 訳あり品 78mmピストン 4バルブ用
 ヤフオクで20,000円で落札
出品者:グラストラッカー、ボルティーの300CCボアアップキットです。 4バルブ(マフラー2本のタイプ)のエンジンに装着できます。 ピストンピン、サークリップ付属。 写っていませんがガスケットあったとおもいます。 新品ですがフィンに欠けが有りますので通常32800円ですが格安出品です。
たぶんマローダ250用の中国製ボアアップキットだと思われる。